何となく蓋をしていた感情に向き合ってみた

土曜の夕方、久々 TSUTAYAのレンタルに行ってきました。

借りたかったのはCDだったけど、ついでにふらっと立ち寄ったDVDコーナーでみつけたのを、

借りようかどうしようかちょっと考えたけど、借りてみる事にしました。

こんにちは!つむゴです。

私が好きな映画は、みてて感動出来るのとか、めっちゃ笑っちゃうのとかで、

最後にはハッピーエンドになるのが好きなんです。 だってね、気持ちを後に引きずっちゃうから(*^^*)

「永遠の0」は姉と映画館で見て、それはそれはもう溢れる涙が止められなくて、

帰りに運転しながらストーリーを振り返る話をしてるだけでめちゃめちゃ泣けてきて、もう大変でした(笑)

でも、恋愛をテーマにしている映画って、どうしても見る気になれなくて。

嫌いじゃないんだけど、その感情にふれるのが、怖いのかな。。。

ものすごく誰かを好きになるって、めっちゃ素敵な事だし、とってもいいことなんだけど、

その感情に、あえて触れない、触れられない自分がずっといました。

土曜日、TSUTAYAの棚でみつけたのは「ホットロード」

このお話の原作のマンガは、思春期の頃読んだ覚えがありました。

でも具体的なストーリーは思い出せなくて(笑)

もしかしたらちゃんと理解出来てなくて、部分部分の内容を、勝ってに自分と照らし合わせて泣いてた気が…(笑)

でも、その純粋な気持ちにちょっとふれてみたくなって、

借りてみてしまいました。

そのマンガを読んでた当時の自分とは、もちろん明らかに違うんだけど、

純粋にひとりの人を大好きになる、幼き頃の自分の気持ちを思い出したりして

くすぐったいような、せつないような、かなしいような、あたたかいような、

今まで生きてきた分、私なりに経験した事でうまれたいろんな感情が

わぁ〜〜〜っとぐるぐる〜〜〜とめぐって、

なんだか久しぶりに会えた感情だなぁと、またまた少し浸ってしまいました(笑)

まだ幼くて、未熟な感情だったかもしれないけど、

心で感じてきた事って、ひとつも無駄じゃなかったなぁって。

傷ついた事も、嬉しかった事も、さみしかったこともぜ〜〜〜んぶ。

ホットロードをみてて、自分の懐かしい感情と照らし合わせて見ている反面、

母親としても見入ってしまいました。

きっと息子くんも、いつか大好きな人が出来て、恋をするんだろうなぁ。。

最近ニュースで報道されていた悲しい事件。

息子と同じくらいの子だったので、とても他人事には思えなくて、

新しい情報が出るたびに心が痛くて痛くて。

中学生や高校生って、きっと小学生とちがってどんどん親の目も届かなくなる。

そんな時、ちょっとした変化や気持ちに、気づける母親でありたい。

素直に自分の表現がしずらい年齢だと思うけど、

ちゃんと心のよりどころの存在でいたい。

そんなの、こどもにとったらいい迷惑かもしれないけど(笑)

でも、いざって時には「ここがある」って思ってほしいから。

ふれないようにしていた感情だけど、

蓋を開けてみれば、今の私なりの見方ができてるじゃない♪ なんて思ったら

ちょっと嬉しくなった。

何でも怖がってたり、さけたりしなくても

大丈夫なんだな(笑)

今日はちょっとまじめなつむゴでしたね(*^^*)。。

(いつもまじめだけど… 笑)

今日も読んでくださってありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つむゴのデザイン工房(^^)/

つむゴのプロフィール

■制作事例 デザイン イラスト

■お問合せはこちらからお願いいたします(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


The following two tabs change content below.
つむゴ(津村雅子)

つむゴ(津村雅子)

デザイナー&イラストレーターつむゴのデザイン&イラスト工房
大阪は「ひらパー」がある枚方(ひらかた)で、平面のグラフィックデザインとイラストが得意なフリーランス クリエイターです。 デザインやイラストを通じて、お客様のお役に立って喜んでもらいたいし喜ばせたい! そして、自分自身も成長し、しっかりお客様の力になりたくて、藤村正宏先生の「エクスペリエンス・マーケティング」を学び69期を卒業、今も現在進行形で学びつつ、ものづくりを楽しみながらお仕事させて頂いています。