ひとつ描きたすだけで、イメージがグッと深まります(^-^)

こんばんは!つむゴです(^-^)

今日のブログは何を書こうかなぁ〜〜〜〜とネタ探しをしてて、キレイなお姉さんシリーズのイラストデータを入れてるフォルダの中を見てて発見しました。

だいぶん前に描いたイラストなんですが、

当時はなんかしっくりいかず、描いては消し、描いては消しで、結局途中でとまっちゃってたイラストなんです。

突然ですが、つむゴは「目」を描くのが好きです。

とくにクリクリ二重でぱっちりな目が好きなんですが、多分自分に無いものを求めてるような気がします(笑)

そんな事は別にいいんですけど(*^^*)、瞳の中とか、まつ毛とか、まるで誰かにメイクをしてるかのように描くのが好きなのであります。

で、せっかく描いてるのに途中で止まっちゃってるこのイラストを見てて、ふと思った事をやってみると

「あらま!全然ちがう!!」

と思ったので、ちょっとブログネタにして書いてみます。

まず、その途中で止まってるイラストがこれです↓

髪の毛入れる前

はい、オモッきり途中です(*^^*)

しかも顔しか描いてません(笑)

しかしこの人、なんだかちょっぴり悲しそうですよね?

そうなんです、ちょっぴりせつない雰囲気をもたせて描いたつもりのイラスト。

でもね、ここにあとひとつだけ要素を足すと、もっと物悲しさが増すことがわかったんです。

さて、もっと物悲しく見えたのには、何を足したと思いますか?

それは・・・・・

これです ↓

ほにゃ毛

なんだ?こりゃ?

(*^^*)

これね?

何かというと、

髪の毛です。

この髪の毛、たった1本を、さっきのイラストに描きたすだけで、もの悲しさが一層増したように見えるんです。

じゃ、ちょっと重ねてみますね。

こうなりました ↓

髪の毛入れたあと

ね?なんか、さっきの髪の毛がない時より、ぐっと寂しそうな、悲しそうな感じに見えませんか??

いつもね、こんな感じで、自分が表現したいイメージに近づけるために、何かをたしては消してみたり、消したらやっぱり違うなぁ〜 とかなんとかいいながら、コチョコチョ調整しながら描いて仕上げています。

やった!ブログひとつ書けた!(*^^*)

ということで、今日はちょこっとイラストのお話でした(^-^)

つむゴでした♪


The following two tabs change content below.
つむゴ(津村雅子)

つむゴ(津村雅子)

デザイナー&イラストレーターつむゴのデザイン&イラスト工房
大阪は「ひらパー」がある枚方(ひらかた)で、平面のグラフィックデザインとイラストが得意なフリーランス クリエイターです。 デザインやイラストを通じて、お客様のお役に立って喜んでもらいたいし喜ばせたい! そして、自分自身も成長し、しっかりお客様の力になりたくて、藤村正宏先生の「エクスペリエンス・マーケティング」を学び69期を卒業、今も現在進行形で学びつつ、ものづくりを楽しみながらお仕事させて頂いています。