自作チラシをいつもより素敵に仕上げる、ちょっとしたコツ③簡単イラスト お花編

夕飯を作る前にブログをUPするぞ!と頑張ったけど、書き上がらなくて途中で中断し、結局この時間(^^;)

よし!頑張るぞ♪よかったら読んでくださいね(*^^*)

大阪の枚方で、販促物などの平面デザインやイラストをフリーランスで描かせてもらってます、津村雅子こと つむゴ と申します!こんばんは〜♪

今日はですね、イラストレーターのツールを組み合わせて、簡単に描けるイラストをご紹介します。

ツールを組み合わせてるだけなので、「技」的なことではないのですが、ご自分で描いたイラストをチラシに入れれたら楽しいかな?と思ったので、ブログに書いてみますね(^^)/

ちなみにつむゴが使っていますPCはiMacで、ソフトのバージョンはCS5です。

それでは行ってみましょう!

楕円形ツールとペンツールを使って、まずは葉っぱを描いてみましょう!

ではまずは、「葉っぱ」から描いてみますね(^^)/(え?お花からじゃないの?って? (*^^*))

どんな葉っぱを描くかといいますと、こんな葉っぱを描こうとしています↓

こんな葉っぱを描きます

では、どのツールを使うかと言いますと、まずは「楕円形ツール」です。

ツールBOXの中でいいますと、こちらです↓

イラストレーターのバージョン違いでBOXの色味が違うかもしれませんが、赤で○しているこれです。

赤で○しているこれです。

この「楕円形ツール」を選んで頂いて、まずはこんな感じの縦長な楕円を描いてみてください。↓

楕円1

大きさは小さくて大丈夫です。ちなみに、この楕円を描く時にキーボードの「option」を押しながら描くと、楕円の中心から描く事ができます。

で、少しわかりにくいかも知れませんが、先ほど描いて頂いた楕円に、青くて小さな■が5つと、青くて細い線があるのがわかりますか?これは今この楕円が「選択」されている状態です。ではこの選択された状態のまま、次に行きますね!

では次に、ツールを「ペンツール」に変えます。

ペンツールはこれです↓

見た目もペンみたいなカタチですね。

見た目もペンみたいなカタチですね。

この「ペンツール」を選んだら、先ほど描いた楕円のこの部分↓

楕円1の2

赤で囲ったところにある青い■のところにカーソルを持って行ってください。

その時、キーボードの「option」を押しながらカーソルを青い■に合わせるとこんな風になると思います↓

↑の真ん中の棒が無いバージョンみたいになります。

矢印の真ん中の棒が無いみたいになります。

この状態で青い■をクリックしてください。

そうすると、こんな風になると思います↓

丸くなってたのがとんがる感じになります。

丸くなってたのがとんがる感じになります。

そうしましたら、同じく下の青い■のところも「option」を押しながらクリックして、このような状態にしてください↓

楕円の上と下がとんがったので、ちょっと葉っぱらしくなってきましたね!

楕円の上と下がとんがったので、ちょっと葉っぱらしくなりました!

では次に、葉っぱの葉脈を描きます。

ツールはそのまま「ペンツール」を使います。だいたいでいいですので、赤く◯したあたりに一回クリックします。

楕円3の2

次に、下のとんがってる付近を、キーボードの「shift」を押しながらもう一度クリックします。

楕円3の3

下のこのあたりです。

するとこんなふうに縦の直線が描けましたでしょうか?↓

楕円4の1

かけましたらキーボードの「command」キーを押して、ツールを一旦「選択ツール(黒い矢印のこと)」にします。そして、今開いているデータの任意の場所、どこでもいいので一度「クリック」して、描いた直線が「選択」された状態を解除します。

解除しないでそのまま描こうとしますと、今描いた直線と、次に描く斜めの線がつながってしまいますので、必ず選択された状態を一旦解除してくださいね。

選択解除できましたら「command」キーから指を離すと、「ペンツール」に戻っています。

では次に、左側から斜め下に向かって入っている葉脈も同じように

赤い○の付近に一度「クリック」したら真ん中に向かって「shift」を押しながら「クリック」します。

斜めの線が描けたら、先ほども行いました、選択解除をしてくださいね。

そして、もうひとつ右下に斜めの線を描きます。↓

楕円4の2

で、描けたのがこちら↓

楕円5

ますます葉っぱになってきました!

でここで葉脈部分の線の先端を丸くして少し線を太くしたいので、とりあえず葉っぱを全部「選択ツール」で選択しておいて、

線幅を少し太くして、線の先を丸くするところをポチッ。

線幅を少し太くして、線の先を丸くするところをポチッと押してください。

するとこうなります↓

楕円5の2

あとは葉っぱや葉脈に着色して、

楕円7

こんな感じに色付けました↓

線は葉脈だけ色付けして、葉っぱ自体の線は無しにしました。

線は葉脈だけ色付けして、葉っぱ自体の線は無しにしました。

これを今度は45度左へ傾けたいので「回転ツール」を使います↓

回転ツール

これが回転ツール

葉っぱすべてを「選択」し、「回転ツール」を今度はダブルクリックします。すると、

回転ツール数値入力

数値を入力するウィンドウが出てきますので、45度左へ傾けたいので数値を「45」と入力して「OK」を押します。

すると葉っぱの完成です!

こんな葉っぱを描きます

ここまで大丈夫ですか?ちょっと難しいですか?大丈夫でしょうか?

次は お花 です(^o^)/ お花は「楕円形ツール」と「回転ツール」を使います。

お花はこんな感じで描こうと思っています↓

できた花

ではまず、葉っぱを描いた時の要領で、「楕円形ツール」を使って縦長の楕円をひとつ描きます↓

花びら編1

次に、描いた楕円を「選択ツール」で選択したら、

今度は「回転ツール」を選びます。↓

回転ツール

「回転ツール」を選んだら、楕円の真ん中から少し下がった、赤い◯のあたりをキーボードの「option」キーを押しながら「クリック」してください。↓

花びら選択してる赤丸

するとこんなウィンドウが出ます↓

30度回転コピー

角度の数値を今回は左へ30度回転させたいので「30」と入力し「コピー」を押します。

すると、

花びらが2枚になりました!

花びらが2枚になりました!

今度は同じように花びらをぐるっとコピーして増やしたいので、先ほど行いました「30度回転させたものをコピーする」という動作を繰り返すという意味のショートカットの「command」+「d」花びらが一周するまで繰り返し押します。

(通常ですと「オブジェクト」→「変形」→「変形の繰り返し」と同じ動作のことです)

花びら編ぐるっと

するとこんな風にできます↓

花びら一周出来ました

できましたら今回は花びらの黒い線は無しにして、

花の線なし

花の真ん中に黄色い円を描いて、花びらよりうしろに配置させると

花の部分の出来上がり!

花の部分の出来上がり!

これで葉っぱ部分と花の部分がそれぞれ出来上がりました!

それでは葉っぱとお花を一緒にしてレイアウトしてみたのがこちらです↓

花と葉っぱを好きな大きさに縮小して配置するとこんな感じになります♪

花と葉っぱを好きな大きさに縮小&コピーして配置するとこんな感じになります♪

花びらの色も少し変えてみましたがいかがでしょうか?(^o^)/

まとめ

いかがでしたでしょうか?ちょっと難しかったですか?

花びらの楕円のカタチを変えて、色もグラデーションにするだけでも

また違ったイメージになりますね!

また違ったイメージになりますね!

ご自分で描かれたお花のイラストを使って、チラシの四隅や、「ありがとうございます!」などの感謝の言葉の近くに入れてみたりして、かわいく素敵なアレンジを楽しんでみてくださいね!

今日も長くなってしまいました。最後までおつき合い頂いてありがとうございました!つむゴでした(^o^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つむゴのデザイン&イラスト工房(^^)/

つむゴのプロフィール

■制作事例 デザイン イラスト キレイなお姉さんイラスト

■お問合せはこちらからお送りください(^^)/

■思いついたことや、たまにイラストとかを載せてつぶやいている、

つむゴのTwitterはこちらです(^o^)/

■見てるのが好きで、たくさんはアップしてないですが、

つむゴのインスタグラムはこちらです(^o^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


The following two tabs change content below.
つむゴ(津村雅子)

つむゴ(津村雅子)

デザイナー&イラストレーターつむゴのデザイン&イラスト工房
大阪は「ひらパー」がある枚方(ひらかた)で、平面のグラフィックデザインとイラストが得意なフリーランス クリエイターです。 デザインやイラストを通じて、お客様のお役に立って喜んでもらいたいし喜ばせたい! そして、自分自身も成長し、しっかりお客様の力になりたくて、藤村正宏先生の「エクスペリエンス・マーケティング」を学び69期を卒業、今も現在進行形で学びつつ、ものづくりを楽しみながらお仕事させて頂いています。